空売りカレンダー

2019年07月

報告

計算


報告

計算


報告

計算


報告

計算


報告

計算



全件


増加

新規


減少

消滅

30
1

325

419


153

30

164

37


165

31

248

53


2

392

421


156

34

188

43


228

36

226

46


3

414

381


163

32

210

37


244

53

162

34


4

411

335


187

47

156

31


217

48

172

38


5

376

362


204

37

152

38


163

33

202

46


6

全件


増加

新規


減少

消滅

7
8

338

354


151

29

180

46


180

38

167

49


9

371

376


167

41

195

42


196

46

173

40


10

349

376


180

47

161

32


162

48

208

30


11

370

390


185

37

203

53


177

38

180

47


12

375

308


162

37

182

36


206

31

120

24


13

全件


増加

新規


減少

消滅

14
15

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


16

452

359


241

60

155

40


198

50

197

47


17

249

72


137

26

39

10


105

27

33

6


18

377

 


169

43

 

 


201

41

 

 


19

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


20

全件


増加

新規


減少

消滅

21
22

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


23

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


24

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


25

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


26

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


27

全件


増加

新規


減少

消滅

28
29

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


30

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


31

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


1

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


2

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


3
主な空売り機関 10件
空売り機関名全数発生増加減少消滅
モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社61730315
Credit Suisse Securities (Europe) Limited471027205
JPM Securities Japan Co Ltd.46728183
GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL38013254
Nomura International plc35620155
Deutsche Bank Aktiengesellschaft, London  ドイツ銀行ロンドン支店3337266
MERRILL LYNCH INTERNATIONAL29012173
Integrated Core Strategies (Asia) Pte. Ltd.2012184
UBS AG130491
Citigroup Global Markets Limited101550
主な銘柄 10件
コード銘柄名報告
7725(株)インターアクション6
6141DMG森精機(株)5
3267(株)フィル・カンパニー5
6047(株)Gunosy4
9419(株)ワイヤレスゲート4
3656KLab(株)4
8698マネックスグループ(株)4
3436(株)SUMCO3
3064(株)MonotaRO3
3092(株)ZOZO3
空売りとは?  空売り(からうり、英: short selling)は、投資対象である現物を所有せずに、対象物を(将来的に)売る契約を結ぶ行為である。 商品先物や外国為替証拠金取引でも用いられる用語だが、差金決済を前提としたこれらの市場では売り買いとも「空(から)」である事が前提であるため端的に売り、ショートと呼ぶことが多い。 対象物の価格が下落していく局面でも取り引きで利益を得られる手法のひとつ。 「信用売り」「ハタ売り」も同義語である。対義語は「空買い」。