251~300/4030件中

銘柄
コード
銘柄名市場業種
特色
1691 ETFS ガソリン上場投資信託 東証 ETF
1692 ETFS アルミニウム上場投資信託 東証 ETF
1693 ETFS 銅上場投資信託 東証 ETF
1694 ETFS ニッケル上場投資信託 東証 ETF
1695 ETFS 小麦上場投資信託 東証 ETF
1696 ETFS とうもろこし上場投資信託 東証 ETF
1697 ETFS 大豆上場投資信託 東証 ETF
1698 上場インデックスファンド日本高配当 東証 ETF
1699 (NEXT FUNDS)NOMURA原油インデックス上場 東証 ETF
1711 (株)省電舎ホールディングス 東証2部 建設業
省エネコンサル事業の草分けだが、同事業は縮小。太陽光発電施設の施工販売を軸に再建中
1712 (株)ダイセキ環境ソリューション 東証1部 建設業
汚染土壌の調査から浄化処理までの一貫体制に特徴。名古屋地盤だが関東、関西でも展開拡大
1716 第一カッター興業(株) 東証1部 建設業
ダイヤモンド使用のコンクリート構造物切断・穿孔工事が主力。水圧のウォータージェットも
1717 明豊ファシリティワークス(株) 東証JQS 建設業
オフィス移転・新設、建築工事で発注者支援するCM(コンストラクションマネジメント)主力
1718 美樹工業(株) 東証JQS 建設業
大阪ガス軸のガス工事、子会社のセキスイハイム販売など住宅、建設が柱。不動産賃貸を育成
1719 安藤ハザマ 東証1部 建設業
ダム、トンネルなど大型土木に定評ある名門。民間建築が主力の安藤建設を13年に吸収合併
1720 東急建設(株) 東証1部 建設業
東急グループ関連からの受注約2割。渋谷駅前開発案件を継続受注。連結配当性向は2割メド
1721 コムシスホールディングス(株) 東証1部 建設業
電気通信工事で最大手。ネットワーク構築に強み。NTT系が売上高の5割強。社会システムも
1722 ミサワホーム(株) 東証1部 建設業
住宅大手。注文住宅主力。リフォーム事業育成と多角化が中期的課題。トヨタホームの子会社へ
1723 日本電技(株) 東証JQS 建設業
ビル空調計装工事の大手。工場搬送ライン用などの自動制御システムも展開。アズビルと提携
1724 シンクレイヤ(株) 東証JQS 建設業
ケーブルテレビ事業者向けシステム構築。インターネットサービスへ展開。無線通信事業に参入
1726 (株)ビーアールホールディングス 東証1部 建設業
極東興和が中核。中国、関西地盤のPC橋梁大手。M&Aで関東、東北へエリア拡大し全国化
1728 ミサワホーム中国(株) 東証JQS 建設業
ミサワホームの中国地方全域を担当。店舗など非住宅分野へも展開。エコリフォームに積極的
1730 麻生フオームクリート(株) 東証JQS 建設業
麻生グループ。地盤改良、軽量盛土など気泡コンクリート工事の最大手。中国で合弁会社も展開
1734 (株)北弘電社 札証 建設業
屋内配線工事では道内トップ。太陽光発電を含む各種電気・通信工事のほか、FA機器等販売も
1736 (株)オーテック 東証JQS 建設業
工場・ビル空調自動制御設備の建設、施工、メンテなどが柱。建築設備資材や機器販売も展開
1737 三井金属エンジニアリング(株) 東証2部 建設業
プラント中堅。非鉄製錬に特化し特に銅製錬に強み。複合ポリエチレンパイプ製販事業を併営
1738 (株)NITTOH 名証2部 建設業
白アリ駆除から住宅設備・リフォーム工事が柱に。ビルメンテも。愛知地盤だが関東、関西に進出
1739 シード平和(株) 東証JQG 建設業
京阪地域地盤。建設請負からマンション・戸建て販売、ホテル開発まで展開。三栄建築設計傘下
1743 コーアツ工業(株) 東証2部 建設業
橋梁工事中心の中堅。官公需8割。九州地盤。プレストレストコンクリ技術に定評。健食通販も
1757 クレアホールディングス(株) 東証2部 建設業
旧キーイングホーム、社名変更頻繁。住宅リフォーム、給排水管が基盤。太陽光事業参入。再建中
1758 太洋基礎工業(株) 東証JQS 建設業
地中連続壁など特殊土木工事(官公需)と積水ハウスの住宅地盤改良工事が2本柱。全国展開
1762 (株)高松コンストラクショングループ 東証1部 建設業
関西地盤に全国展開する中堅ゼネコン。傘下に青木あすなろ建設とみらい建設。利益率重視
1764 工藤建設(株) 東証2部 建設業
神奈川地盤の中堅建設。東京・練馬に拠点。不動産に続き介護(老人ホーム)を第3の柱に育成中
1766 東建コーポレーション(株) 東証1部 建設業
地主に賃貸住宅経営提案し施工から管理、仲介まで一貫化。住宅設備子会社を傘下に持つ
1768 (株)ソネック 東証1部 建設業
兵庫県(東播磨)を地盤とする民間建築中心の中堅ゼネコン。子会社で化学運輸事業。無借金
1770 藤田エンジニアリング(株) 東証JQS 建設業
群馬県が地盤の設備工事中堅。空調・産業設備の保守に強み。情報システムや電子部品製造も
1771 日本乾溜工業(株) 福証 建設業
交通安全施設工事が主軸。福岡に重点。防災安全用品や竹繊維入り自然土固化舗装材にも注力
1773 YTL 東証外国 建設業
1775 富士古河E&C(株) 東証2部 建設業
富士電機と古河グループの工事会社が合併で再出発。プラント、空調、建築付帯が主。海外注力
1776 三井住建道路(株) 東証2部 建設業
道路中堅。三井住友G関連工事が強み。完工高の官庁比率低下図る。有利子負債ゼロと好財務
1777 川崎設備工業(株) 名証2部 建設業
電気設備の関電工が親会社。空調・給排水等の設備工事の中堅。旧親会社の川崎重工受注約10%
1780 (株)ヤマウラ 東証1部 建設業
長野県内の建築、土木が中心。民間の比率高い。産業設備等のエンジ、首都圏マンション開発も
1782 常磐開発(株) 東証JQS 建設業
常磐興産グループの総合建設。地元自治体とグループ依存から民間建築主力に。環境事業を育成
1783 (株)アジアゲートホールディングス 東証JQS 建設業
土木会社からスタートし業態転換。北海道、広島県等でのゴルフ場運営、建設関連軸に再建中
1787 (株)ナカボーテック 東証JQS 建設業
鉄鋼構造物などの腐食抑える防食専業のエンジニアリング。業界首位。RCなど新規事業育成
1788 (株)三東工業社 東証JQS 建設業
売上高の8割強が滋賀県内の建設会社。官公需軸の土木から民間に軸足。県内資源活用に意欲
1789 (株)ETSホールディングス 東証JQS 建設業
送電線、内線工事が主体だが、通信向けも育成。電力は東北電力が主要発注先。建物管理事業も
1793 (株)大本組 東証JQS 建設業
土木主体中堅から建築主体にシフト。岡山を地盤に全国展開。無人化施工技術など独自技術強み
1795 (株)マサル 東証JQS 建設業
ビル、マンション等のシーリング(外壁防水)工事でトップ。リニューアル(補修・改修)を強化
1798 (株)守谷商会 東証JQS 建設業
長野地盤の中堅建設。首都圏、中部圏でも営業。トヨタホームと提携してプレハブ住宅を販売